2011年10月22日

巻き爪(まきづめ)の対処方法

それほどひどくはありませんでしたが、巻き爪に悩まされていた時期がありました。爪切りでせっせと巻いている部分を切っては、また巻き爪になってしまうという繰り返しでした。爪切りで切った時はなんとなくスッキリするのですが、症状は一切改善しませんでした。痛みはなく、それほど気にする程のものでもなかったのですが、徐々にですが、悪い方向に症状が進んでいきました。


丁度巻き爪の対処方法がテレビでやっていて、実は自分が症状の悪化する行為をしていたのだと気づきました。

どうやら巻き爪というものは、巻いている部分を爪切りで切ってはいけないらしく、原因は体重による肉の喰い込みだそうです。立ちっぱなしの仕事をしている人や、足に負担のかかる靴を履いている人、肥満の人がよくなるそうです。

改善させるには、なるべく爪が下に生えていかないように、爪と肉の間にティッシュなどを小さくしたものを詰めることがいいそうです。とはいっても、あまりにも症状が悪化している場合には、そういった隙間もない状態になっているかと思います。

そうなるまえに対処する方法がベストですが、自分で改善出来なくなってしまった場合には、なるべく早くお医者さんで診てもらう方がいいと思います。

痛みがある方などは、特にほうっておくと、症状がさらに悪化してしまう可能性がありますので注意して下さい。


posted by xn at 22:37| 症状改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。