2011年07月10日

足の臭い(あしのにおい)の対処方法

仕事はじめるようになってから、革靴を毎日はくので足の臭いが気になるようになりました。夏場は特に蒸れるのですが、冬場でも仕事帰りに靴下を脱ぐと汗をかいていることがわかります。蒸れ防止の薄い靴下もあるのですが、なんとなくスカスカした感じがして、どうも慣れることができませんでした。


仕事中は特に意識することがありませんでしたが、仕事終わりに友人と飲みにいく場合など、席が座席の時など、靴を脱ぐ必要がある時など、足の臭いがしないのかどうか気になってしまうことがあります。

ある時たまたまラジオで言っていたのですが、男性女性問わず、足の臭いを気にする人が非常に多いらしく、中には、1日に何度も靴下を変える人もいるようです。

足の臭いがする人にそれとなく気づいてもらう方法を紹介していたのですが、基本的に足が臭い人は足の裏に多くの汗をかいているためだそうです。

足の裏に汗をかくということは、緊張をする場面が多く、性格的に心優しい人、いろいろな所に気を使っている人だそうです。

こういった話をした後で、足の臭いが気になるので、こまめに靴下を変えるように話をすれば、自分で意識していない人に傷つくことなく話をすることができるという話をしていました。一度試してみてはいかがですか?


posted by xn at 16:16| 症状改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。